プラス自律神経失調症

精神科・神経科・心療内科の違い

精神科,神経科,心療内科の違い

精神科や神経科、心療内科は、自律神経失調症やうつ病の様なストレス性疾患やパニック障害・不安障害等の神経症等の治療を行う医療機関です。しかし、治療内容や、どんな病院が良いのか、解からない事が多ですよね。
ソーシャルワーカーによるカウンセリングを行う、漢方薬を使う、特に摂食障害に力を入れている等、口コミで良いといわれる病院にも色々あります。医師と患者の相性もありますし、病院選びはとても大変です。
そこで、一般的な病院の違いを上げてみました。是非、病院選びの参考にしてみて下さい。


心療内科と精神科・神経科の違い

心療内科とは…

心療内科とは、心と体療法に現れる症状を診る医療機関です。心因的なストレスや自律神経の機能低下による自律神経失調症、ナルコレプシー等、身体的な症状が強く現れる疾患、摂食障害のように身体的な医療管理が必要な場合等の治療に適しています。
そのため、自律神経失調症や仮面うつは、心療内科の領域と考えられる事が多くなってきました。
また、糖尿病や十二指腸潰瘍、狭心症、動脈硬化などの治療は内科の分野ですが、発症原因にストレスが大きく関わっている病気なので、心療内科でのチェックも治療に有効です。

精神科・神経科とは…

精神科・神経科は、統合失調症や鬱、躁うつ病、不安障害、脅迫障害、依存症等、精神医療を行う医療機関として知られています。心療内科ではあまり入院施設は見かけませんが、精神科のある病院では入院施設がある場合も珍しくありません。
また、ノイローゼや不安障害等の神経症を診るのが神経科、錯乱、幻覚、等を伴う症状の場合は精神科、と考えられている場合もあります。
精神分裂病や躁鬱が深刻な状態になり精神分裂病や統合失調症を二次障害として発症する場合には精神科での治療が行われるケースが多くあります。

うつや自律神経失調症かもしれないと思ったら…

まずは内科を受診する

自律神経失調症やうつの初期症状や仮面うつ、軽症鬱病は、頭痛やめまい、肩コリ、倦怠感、疲労感、動悸など単なる疲労や体調不良と考えてしまいがちなものが多いのが特徴です。
しかし、自律神経失調症やうつ、神経症などでみられる症状の中には、他の疾患が原因となっているものもあります。心療内科や神経科を受診するのが不安だという場合には、まずは内科を受診して他の疾患が隠れていないかを調べることから始めるのも良いでしょう。

こんな時は心療内科へ

自律神経失調症やうつ病を発症している人の中には、かなり症状が溜まるまで不快な症状を我慢したり自分なりの方法で改善を試みる人も沢山います。
睡眠不足なのに眠れない、無気力感が続く、体重が著しく減少する、食欲不振、という様に身体的な症状が目立って現れている場合にはある程度休養して、それでも改善されない場合には、心療内科を受診するのが良いでしょう。
精神疾患の場合は、本人に自覚症状がない場合も多いので周囲の人がまずカウンセリング等に行って相談すると良いかもしれません。