プラス自律神経失調症

低血圧・脳貧血

自律神経

低血圧は、最低血圧値が一定以下の状態になっている事をさします。このように血液を流す圧力が低い時には、何か他の疾患が原因である場合とそれ以外の場合があります。
また、脳貧血は、貧血でみられる症状と似ているのが特徴ですが、血液を流す圧力が低くなる事によって起こる症状です。ほとんどの場合一過性のもので、起立性低血圧も含まれます。
めまいや肩こり、頭痛等が主な症状で、他に原因の無い本態性の場合には食事や運動を組み合わせた治療を中心に行います。


低血圧とは

種類と特徴

低血圧とは、心臓から血液を送り出す圧力が低下した状態の事を言い、血液を流す圧力が低下する原因によって色々な種類があります。
病気が原因で低血圧状態になっている場合は、「二次性低血圧」と呼ばれ、うつ病や自律神経失調症とも関係している場合があります。また、座っていたり、しゃがんだ状態から立ち上がった時に立ちくらみや失神を起こすタイプは、起立性低血圧と呼ばれます。
糖尿病などの治療で血液を流す圧力を下げるために降圧剤を使った治療を行っている場合、薬の影響で突発的に起立性低血圧の症状が現れる事もあります。

原因

“二次性低血圧”を招く原因となる疾患には、鬱病や自律神経失調症の他に狭心症や動脈硬化、大動脈弁狭窄症、心膜炎等の心臓病や甲状腺機能低下症等の甲状腺機能障害の病気があります。
起立性低血圧は、重力によって下半身に血液が溜まり、心臓へ戻される血液の量が減少している時に姿勢を高くすることで起こりやすくなります。通常は、このような状況でも血液を流す圧力を素早く調整する反射機能が正常に働けば問題はありませんが、正常に機能しないとめまいや立ちくらみ等の症状が現れます。

治療と対策

他の疾患が関係していない低血圧の場合には、高タンパク質の食事や運動を中心に体力や筋肉量を増加させ、血液循環機能を強化する治療を行います。
しかし、低血圧により、倦怠感や食欲不振などの症状が続き不定愁訴が強くみられる場合には、昇圧剤などを使った投薬治療が行われるケースもあります。
また、起立性低血圧の場合には、比較的午前中に症状が現れる事が多い為、午前中は動きをできるだけゆっくり動くようにすると発症の予防につながります。

脳貧血とは

特徴と症状

脳貧血とは、血液を流す圧力が低下する事で脳へ送られる血液量が低下して、めまいや吐き気、冷や汗、失神等の症状が現れるものです。「貧血」という名前が付いている為、貧血の症状だと勘違いしている人も多くいますが、実際には貧血ではなく低血圧の一つです。起立性低血圧症として症状が現れる事が多く、症状が起きたら姿勢を低くして、しばらく安静にして血液を流す圧力が回復するのを待ちます。

原因

起立性低血圧が原因の場合には、長時間立ち続けたり睡眠不足だったり、疲労がたまっている時に起こりやすい事がわかっています。さらに、精神的な不安や強いストレスがかかる事が原因となる場合もあります。そのため、自律神経失調症がきっかけの一つになる可能性もあります。
また、急激に頭部を回転させたり、頸部を強く圧迫する状態が続く事も原因になるため、まれに、車をバックさせる際などに症状が現れることもあります。