プラス自律神経失調症

副交感神経の働き

副交感神経

副交感神経は、リラックスする為の神経で、自律神経の元交感神経と共にコントロールされています。外敵や外からの刺激に瞬時に反応できるように体勢を整えるのが役割だとすれば、緊張した身体を休めて疲れを解消したり、修復したりしておくのが役割です。
しかし、ストレスや環境の変化等、様々な刺激によって交感神経と副交感神経のバランスが崩れやすく、自律神経失調症やうつ病などの原因となるのです。
疲れが取れない…と感じていたら、自律神経のバランスが崩れているのかも知れません。


副交感神経と体の関係

睡眠・消化器官

自然と眠気を感じる時、私たちの体では副交感神経の働きが活性化しています。
規則正しい生活を送っている人なら、夜、ある時間になると自然と眠くなると感じると思います。また、食後に眠気を感じる人も多い事でしょう。これは、副交感神経が体を優位に支配している状態ということなのです。
また、胃や腸等の消化器官を活性化させるのも副交感神経の役割です。食べた物を消化、吸収して体内を修復したり、必要なエネルギーとして各臓器にためておきます。

体内環境のコントロール

副交感神経が優位になると、筋肉の緊張がゆるむため血管も拡張し、血流やリンパ液が全身を循環しやすくなります。そのため、筋肉の間に溜まった疲労物質や新陳代謝によって生まれた老廃物の排出がスムーズに行われるようになります。
大量の酸素を必要としない為、呼吸や拍動は緩やかになり、血圧も下がった状態になります。
また、胃・腸・腎臓・肝臓・生殖器官などの臓器をコントロールしているのは主に副交感神経の働きによるものです。そのため、疲労やストレスがあるとつい何か食べたくなるのは、体が休みたいという信号を送っているという状態といえます。

見られる症状と原因

交感神経との関係

同じ様に自律神経の支配下にある交感神経と副交感神経ですが、いざという時に備えて交感神経の方が優位に働くような仕組みになっています。
これは、外敵から身を守るために私たちの体が自然に備えている機能ですが、精神的なストレスや急激な環境の変化等でも同じように作用します。
しかし、長時間緊張状態が続くと自律神経自体も疲れてしまいます。副交感神経に切り替えるタイミングを見失ったり、バラバラに働かせてしまい便秘や下痢、うつとイライラを繰り返すといった自律神経失調症の症状が現れやすくなります。

糖尿病・高血圧・めまい・立ちくらみ

副交感神経が優位に働いている間は、血管を収縮させる働きのあるアドレナリンが分泌されなくなるため、インスリンの分泌も正常に行われます。ですから、この神経が活性化している時は糖尿病や高血圧の危険性も低くなります。
しかし、異常が起きていると、低血圧の状態が長時間続いて慢性的に手足が冷えたり、めまいや立ちくらみをおこしやすくなります。

副交感神経を優位にさせる方法

私たちの体は交感神経が優位になりやすくできている上に、現代社会にはストレスの要因となるものが沢山あります。
そのため、寝る前にホットミルクを飲んだり、首回りを冷やしてクールダウンしたりしてみましょう。また、眠る前には交感神経を刺激させるテレビやパソコンの画面を見ないようにするといった方法もおすすめです。
自律神経が正常に副交感神経優位の状態をつくれていれば、毎日快適な生活が送れるように感じられるはずですよ。