プラス自律神経失調症

自律神経とは

自律神経

自律神経とは、無意識に身体をコントロールしている神経です。脳の中でも、感情、睡眠、心拍、呼吸、血圧、体温、ホルモン分泌などに関係するデリケートな部分で、ストレスや疲労等の影響を受けやすい器官です。
さらに、内臓器官の活動も自律神経がコントロールしている為、ストレスや感情の影響を受けて正常に機能できなくなると体に症状として現れてきます。
微熱、眠れない、めまい、便通が乱れやすい等の症状があっても原因がはっきりしない場合、病院で「自律神経失調症」と診断される事があります。


自律神経とは

働き

自律神経は視床下部にコントロールされていて、メインとなる交感神経・副交感神経に信号を送り、体内の様々な器官をコントロールして生命維持に必要なバランス状態を保っています。
この2つを必要に応じて切り替える事で、内臓器官や組織を活性化させたり、体の緊張状態を保ったり、反対にリラックスさせて休ませたりしています。
また、感情に関係している部分にある為、喜怒哀楽に合わせて気持ちが明るくなったり、落ち込んだりという状態になるのも、自律神経が非常に大きく関わっています。

自律神経失調症とは

特にこれといった異常が認めらないのに明らかな体調不良が続いたり、様々な症状が現れるといった場合に、西洋医学的な診断として”自律神経失調症”と診断されるようになりました。
その症状には関連性のないものも多く、症状が出たり消えたりすることもあります。また、症状の程度も日によって軽かったり、体を動かすことが出来ない程酷い場合もあります。
また、自律神経失調症がきっかけで一定の症状が長く続くようになった場合には、別の疾患と診断されることもありますが自律神経の働きを整える治療も行われます。

脳の構造と自律神経

どうして感情に影響が出るのか?

体を機能させたり考えたり、感情、感覚の情報を処理したりコントロールしたりしているのは、脳の役割です。脳を機能別にみると、”大脳”・”小脳”・”間脳”の3つにわけることが出来ます。
自律神経が属しているのは”間脳”で、生命維持と感情や感覚に関係している部分です。そのため、ストレスや疲労、環境の変化等の影響で正常に機能できなくなることがあります。
“自律”という名前が付く神経なのは、感情や環境の影響を受けて作用する為、自分の意志ではコントロールする事が難しいという意味でもあります。

体をコントロールしている神経系

見る・聞く・触る・味わう・嗅ぐといった五感や、体を動かしたり機能させたりしているのは、体中に張り巡らされている神経系の役割です。
この“神経系”は、メインとなる脳・脊髄から構成されている「中枢神経」と運動や生理機能に関する情報を伝える「末梢神経」に分けることが出来ます。
末梢神経の支配下には、”視床部”と”視床下部”があります。このうち、内分泌系・体温・睡眠・覚醒・呼吸・心拍・代謝などを調整する視床下部にコントロールされているのが自律神経です。