プラス自律神経失調症

自律神経失調症(じりつしんけいしっちょうしょう)

自律神経失調症とは、うつ病や躁鬱病と同じようにストレスの多い現代の代表的な心の病気といえるかも知れません。また、ストレスが大きな原因となるうつ病や自律神経失調症は、心だけの病気ではなく身体的な症状も目立って現れてきます。
しかし、身体症状をタダの疲労や睡眠不足と勘違いしたまま、鬱や自律神経失調症に気付かず、さらに状態を悪化させてしまい、悩んでいる人も多くいます。
あなたの心と体は健康ですか?
一度自分の心と体の状態をチェックしてみる事も大切ですよ。

よい人間関係を築く

人間関係はストレスの原因となる事が比較的多くありますが、ストレスの解消方法として身近で有効的なのも人間関係です。
家族や友達等、自分の支えになってくれたり愚痴を聞いてくれる、といった親密な関係にある人とは、一緒に過ごして話をしているだけでも気持ちが落ち着いたり気が晴れたりします。
ストレスが原因で自律神経失調症やうつ病になった時も、治療の助けとなるのは支えてくれる人間関係です。
自分の気持ちを素直に話す事の出来る人との人間関係を築く事は、ストレス解消につながります。


ストレスと上手に
付き合えるような工夫

ストレスが自律神経失調症の大きな原因になっている事は明らかですが、全てのストレスが私達の心の体に悪影響を及ぼすわけではありません。
適度なストレスは、心や体に良い刺激となって、達成感や充実感を味わうことが出来ます。
そのため、大きな負担に感じている事がある場合には、それを良い刺激だと考えてみるのもストレスと付き合う良い方法の一つです。
また、ストレスを受けても自分なりの解消方法があれば、自律神経のバランスを崩す前に対処する事が出来ます。熱中できる楽しみを見つけるのがポイントですよ。


感情を表に出す
習慣をつける

自治る神経失調症やうつ病の疾患者の多くは、不満や怒りを感じても我慢したり上手く感情を表に表せない人が多いようです。
不満や怒り、悲しみを感じた時に、一人で思い悩んだり、抱え込んでいるより、自分の感じている感情を他の人に話すだけでも、悩みが解決する事は少なくありません。
身近な人に自分の思った事、感じた事を話してみる習慣をつけるのはとても良い事です。
家族や友人に話しづらいという場合には、ソーシャルワーカーやカウンセリングが出来る場所で、タダしゃべるだけでもかなり違ってくるはずです。


プラス自律神経失調症のコンテンツ

それでは自律神経の仕組みや自律神経に関る疾患の原因や治療について学んで見ましょう。

自律神経と脳の仕組み

自律神経とは

自律神経

無意識のうちに自分の体をコントロールしている自律神経。脳や神経の中でどのような働きをしている部分なのか、正常に機能できなくなる自律神経失調症の説明

→

自律神経失調症になりやすい人

なりやすい人

自律神経失調症になりやすい傾向のある人とはどんな人?
ライフスタイルや生まれつき自律神経のバランスを崩しやすい人の特徴等を紹介

→

うつと自律神経失調症の相違点

うつ,自律神経失調症

症状が良く似ているため、簡易チェックだけでは判断が付けにくい、うつ病と自律神経失調症で見られる大きな違いとは?
それぞれの特徴を比較して相違点について紹介

→

交感神経の働き

交感神経

交感神経がどのように作用して体をコントロールしているのか?
交感神経と副交感神経のバランスが崩れた自律神経失調症の症状を交えながらわかりやすく解説

→

副交感神経の働き

副交感神経

副交感神経にはどんな働きがあるのか?
自律神経の支配下にある交感神経とのバランス関係や副交感神経を優位にするおススメの方法等について紹介

→

ストレスが原因となる

ストレスとは

ストレス

自律神経のバランスを乱す大きな原因となるストレス。年齢と共に変化する主なストレスの原因や人間関係でストレスをためやすい人の特徴等について

→

女性のストレス

女性,ストレス

自律神経失調症やうつ病などの精神疾患が女性に多いのには、更年期障害や女性の周辺華僑が大きく変化している事にも深い関係があります!

→

ストレス処理がうまくできないタイプとは

ストレス処理,タイプ

ストレスの解消があまり上手くない人とは、どんな人か?
ストレスから自律神経のバランスを崩してしまいやすいタイプの人の特徴やタイプについて紹介します。

→

ストレス度チェック

ストレス度,チェック

自律神経失調症やうつ病の原因となるストレス。自分がどのくらいストレスに弱いのか、どんなストレス要因があるのか、自分でできるセルフチェックを紹介します。

→

関係のある疾患

うつ病・躁鬱病

うつ病,躁鬱病

現代人の疾患として認知度も高い鬱病の症状や様々な種類やタイプと、躁と鬱が繰り返し現れる躁うつ病の特徴等について紹介します。

→

パニック障害・過呼吸

パニック障害,過呼吸

激しい発作が急に襲ってくるパニック障害や過呼吸発作の原因や似た症状がみられるうつ病や自治る神経失調症との関係、治療方法などについてご紹介します。

→

低血圧・脳貧血

低血圧,脳貧血

低血圧になる事で起こるめまいや動悸、冷や汗、失神などは自律神経失調症でも見られるものです。自律神経失調症や鬱病と低血圧・脳貧血の違いについて分かりやすく紹介

→

神経症

神経症

神経症とは一体どんな疾患なのか?様々なタイプが存在する神経症の種類と特徴、症状や原因、他の疾患との関係性等について特集します。

→

片頭痛

片頭痛

辛い片頭痛は自律神経と深い関わりがある疾患です。片頭痛が起こる原因や症状、改善・予防する為の薬の特徴や生活習慣改善のポイント等について紹介します。

→

甲状腺の病気

甲状腺,病気

比較的女性に多い疾患として知られる甲状腺の病気について、主な病気の種類と特徴を甲状腺の働き等を交えてわかりやすくご紹介します。

→

ADD・糖尿病・更年期障害

ADD,糖尿病,更年期障害

ADDやADHDのように自律神経失調症を二次障害として併発しやすい疾患や、糖尿病とストレスの関係、鬱や自律神経失調症と間違いやすい更年期障害等について詳しく解説します。

→

てんかん・過敏性腸症候群

てんかん,過敏性腸症候群

自律神経症状が現れる事も多いてんかんや過敏性腸症候群でみられる症状の特徴や原因、治療や対策方法等について紹介します。

→

検査の種類と特徴

精神科・神経科・心療内科の違い

精神科,神経科,心療内科の違い

ちょっとわかりにくい心療内科と精神科・神経科の基本的な違いや、治療に適している疾患の種類など病院選びの参考になる様な特徴を紹介します。

→

内科的検査

内科的検査

病院へ行ったら初めにどんな事が行われるの?うつや自律神経失調症の検査で初めに行われる基本検査の内容や目的について紹介します。

→

心理テスト

心理テスト

自律神経失調症やうつ病の検査として病院などで行われる心理テストの種類や検査で解かる事等についてご紹介しています。

→

自律神経機能テスト

自律神経機能テスト

自律神経の状態や機能状態を検査する為の自律神経機能検査で行われる検査内容と目的等について分かりやすく解説します。

→

エゴグラム

エゴグラム

エゴグラムを使った心理分析テストの特徴や分析結果からわかる鬱や自律神経失調症になりやすい傾向のあるパターン等について紹介します。

→

自律神経を活性化させる方法

入浴方法

入浴方法

自律神経のバランスを整えるのに効果的な入浴方法について、リラックス効果の高い香りや入る時のポイントを交えて解かり易く解説します。

→

睡眠

睡眠

うつ病や自律神経失調症の予防や改善には欠かせない睡眠。正しく質の良い睡眠を得る事で自律神経の働きを改善する方法や睡眠と自律神経の関係等を紹介していきます。

→

食事療法と運動

食事療法,運動

自律神経のバランス整え、鬱や自律神経失調症の改善に効果的な運動や食事療法の特徴やポイント等について特集しています。

→

自律訓練法

自律訓練法

自律神経のバランスを整えたり不安や緊張をほぐす効果のある自律訓練法の特徴や効果、自分で行う時のポイントとやり方について紹介します。

→

治療と対策方法

治療スケジュールを立てる

治療スケジュールを立てる

自律神経失調症やうつ病の治療にはどのくらいの期間が必要なのか?タイプ別で考える治療内容の特徴等について特集します。

→

認知行動療法

認知行動療法

自律神経失調症や鬱病の人が陥りやすい思考や行動パターンを客観的に見直す心理療法「認知行動療法」で行う考え方の訓練について紹介します。

→

薬物療法

薬物療法

自律神経失調症や鬱病の治療に取り入れられる薬物療法ではどんな薬が使われるのか?主案薬の種類や服用時の注意点、副作用等について解かり易く解説します。

→

心理療法

心理療法

心と体の両面から症状を改善して再発を防ぐ心理療法の特徴や行う時のポイント、初めてでも初めやすい伝統的な心理療法の種類等について紹介します。

→